お知らせ

2020年07月28日 展示情報

沖縄美ら海水族館初登場! ミナミアカザエビの展示を開始

沖縄美ら海水族館ではこの度、当館初となるミナミアカザエビの展示を開始しましたので、お知らせいたします。

ミナミアカザエビ

?ミナミアカザエビ?
学名:Metanephrops thomsoni

国内では、土佐湾から九州や沖縄など南の海域に分布するアカザエビの仲間。
近縁種に「アカザエビ」と「サガミアカザエビ」が知られるが、これら2種と比較して水族館で展示される機会は非常に少ない。鮮やかな紅白模様のハサミ脚をもつことが特徴的で、アカザエビ類の中では比較的小型の種類。

展示場所

沖縄美ら海水族館「深海の小さな生き物」

展示個体

1個体 全長約20cm(ハサミ脚の先端から尾の先端まで)
※生物の状況により展示を終了することがあります。

 

今回展示を開始したミナミアカザエビは、2020年3月に行ったROV(小型無人潜水艇)による深海調査で、沖縄本島沖の水深350m付近の泥地に生息することを確認するとともに、巣穴に隠れる行動など貴重な生態の撮影にも成功しました。
また、同年7月に同じ場所で捕獲に成功し、当館で初めて展示することができました。
とても珍しい本種の生きた姿を、ぜひこの機会にご覧ください。

沖縄美ら海水族館では今後も引き続き、沖縄周辺海域での深海調査や飼育展示を通し、希少な深海生物の生態解明に繋げていきます。

  • 水深350m付近で発見した本種
水深350m付近で発見した本種
泥底に掘った巣穴からこちらを警戒する様子

このページに関するお問い合わせ先

沖縄美ら海水族館

TEL:0980-48-3748FAX:0980-48-4444

関連記事

美ら海水族館公式「美ら海アプリ」
ページのトップへ戻る
成都影院免费-电影大全 - 高清在线观看 - 海量高清视频免费在线观看